中国人「日本ではまだお財布を持ち歩くの!?中国では小さな屋台でも電子決済に対応してる」→ 上海がロックダウンした結果…

(@sow_LIBRA11)さんのツイート

まぁこういう風に言うとりますが、上海ロックダウン時、その電子決済が使えず、現金がなかったため、「物々交換」で食料を得るしかなかったそうです。

関連動画

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

事実かどうか知りませんが、「偽札や偽造通貨が多すぎるから、その対策として求められたから発展した」って説を聞いた事があります。

日本も1円とか10円とか15円の少額コイン廃止した方がいいよ。100歩譲って普段使いはするとして観光でくる外人にはあれ意味不明やろ。

日本は天災の国ですからね。他の国と同じようには行きません。

支払い方法の一つとして捉えてます 一つに依存するのはリスキーすぎますよね

特定の国の文明力とか技術力がどうとかいう問題じゃなく、生活に関わるものを一本化すると、もしものときに即、活動不能になるって言う話ですな。リスク分散リスク分散。

停電したら一発なのよ 電子も現金もバランスよく使わねば それはそれとして電子決済の普及はよ

日本でも停電時は電子決済使えませんしね。やはりいざという時は現金最強。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを