中国人が日本でカルチャーショック…「まだお財布を持ち歩くの!?」「中国では小さな屋台でも電子決済に対応してる」

まさかコレが使えない!?中国人が日本でカルチャーショックを受けた理由

記事によると…

・日本を訪れた中国出身者に話を聞いていると「日本ではまだお財布を持ち歩くの!?」と驚かれたことが。

実際に話を伺ってみると、中国出身の皆さんがここ数年の日本で「うそでしょ!?」と思ったカルチャーショックがいくつもあったそう。

「日本のお店で『現金でしか払えない』といわれることもありました。支払いの手段が現金しかないことにびっくりしました!」

「日本ではまだまだ現金が必要なことにびっくりしました。中国では小さな屋台でもスマートフォンのQR決済に対応しています。財布を持ち歩かなくても良いのでとても便利ですよ」

「日本は想像以上にキャッシュレスが進んでいなくて、かなりのカルチャーショックでした。私の地元にあるおばあちゃんのお店でも使えるのに…。日本はお札の質がいいので、キャッシュレスが進まないのかもしれませんね」

・キャッシュレス化の進んでいる中国では、お財布を持ち歩かない人も増えているのだとか。

2022/06/15
https://tripeditor.com/447002

関連動画

中華人民共和国


中国は広大な草原、砂漠、山、湖、川、14,000 km を超える海岸線を擁する人口の多い東アジアの国です。首都の北京は、複数の建物からなる紫禁城や、天安門広場などの史跡が近代建築と融合した街です。超高層ビルが林立する上海は、国際的な金融センターです。中国北部には、有名な城壁である万里の長城が東西に長く伸びています。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これほんと用事あって上海行った時、現地スタッフに現金と財布持ってるのこの辺であなただけですよって言われた

銀行のATMから偽札が出てくることに驚愕w

日本がいかに治安が良くて通貨が信頼できるかわかったやろ?

優れたものを持っていると次の世代に乗り遅れるのはよくある話。

何かあった時には現金で無いと買い物できない時があるんど

何故来たんだろう… 何故来るんだろう…

全部デジタルでやってると、停電とかなったら何にも買えない。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを