NPB「白井球審を何らかの処分をする対象とは考えていない」

NPBは白井審判員に「処分をする対象とは考えていない」審判長からは「別の方法があったと考えて」

記事によると…

・日本野球機構(NPB)の井原敦事務局長は26日、24日のオリックス-ロッテ戦で球審を務めた白井一行審判員がロッテ・佐々木朗希投手に対して詰め寄った件に関し、友寄審判長が白井審判員と話し合い、選手に対する指導・注意の方法に対しての指摘があったことを明かした。

井原事務局長は「24日の試合以降、多くのおしかりのご意見を含め、さまざまなご意見を目にしている」とNPBにも相当数の問い合わせがあったことを明かした。

その上で試合後に友寄審判長が白井審判員と話し合い「対応の仕方として、試合中に指導、注意をすることがあるが、今回の場合は別の方法があったと考えて対応するべきだったという指摘をして、当該審判も深く理解をしたと報告をいただいている」と説明。

白井審判員に対する追加措置の可能性に関しては「処分になるような根拠規定はない。指導、注意の範囲ではあったが、別の方法がしかるべきだったということ。これから先、何らかの処分をする対象とは考えていない」と話した。

2022年4月26日 17時34分
https://news.livedoor.com/article/detail/22068757/

白井一行


白井 一行は、兵庫県明石市出身のプロ野球審判員である。日本野球機構審判部・関西支局所属。審判員袖番号は「20」。
生年月日: 1977年10月3日 (年齢 44歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

身内には甘いんだね

目が合っただけで詰め寄ってくる人がいるのは怖いだろうなぁ

NPB終わったなぁ 昔ならともかく今これやったら詰むぞ

自浄作用なし!www

こいつ無敵か

人間、権力を持つと腐敗するんやな、って

反省じゃなくて理解なんや

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。