精神科医「コロナ病棟でお手伝いしてわかったこと…彼らの感染を決して叩くべきではない」

藤野智哉@精神科医さんのツイート

コロナ病棟でお手伝いしてわかったこと。

患者さんはお年寄りが多くて近距離で話さないと聞こえないし、マスクしてくれなかったり、せん妄で暴れてガウン引っ張られたりする(TT)

長期間毎日対応してるスタッフはどれだけ対策してても感染する可能性がある。

彼らの感染を決して叩くべきではない。

精神科医


精神科医とは、精神医学を専門とする医師であり、精神障害・依存症の治療を専門的に診察する医師免許を持つ。 精神科医の業務には、精神疾患の診療、精神疾患の予防、精神衛生の普及がある。
精神科医 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

看護師ではなく保育士ですがよくわかります。給食中に黙って食べることも難しいし、泣いてる子どもを抱き寄せて落ち着かせたり、距離は近くなるのは必然ななか、消毒換気、設備通しもやっていますがいつ感染するか不安や恐怖はずっとあります。それでも今やれることをやるしかないんですよね。

お疲れ様です。本当にそう思います。自分の代わりにお世話してくださってるのに、感謝しかありませんよ。

現場の事は現場でしかわからない

精神科にも勤務してたので、本当にそれですよね。術後の患者さんも若い人であっても、せん妄で大暴れして病院脱走したことありました。現場を知らない人は医療関係者を叩く。辛い立場ですよね。患者さんにも罪はないけど医療関係者だって罪はない。

子供は部屋から出てしまう、高齢者はマスクしてくれず看護師に怒鳴る、口腔ケアは唾を飛ばされる..泣けます

本当にそれをみんなに伝えたい.マスク付けて下さい!あっごめんなさいね!なんて展開には絶対ならないのです。お願いしたりマスク付けようとすると認知症で怒鳴る方も多いですし、唾や痰吐かれることも。スタッフも必死です。これで感染したら自己の予防策が甘いと叩かれるのですから

当然です 当然です 本当そのとおり 半分呆けた90歳の祖母と対峙していたときのことを思い出せば 全部わかります

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認