女性の家族が身の危険について複数回相談 → 佐賀県警は事件化せず女性はその後暴行され死亡

夫が複数回相談しても事件化せず、女性は死亡 佐賀県警

▼記事によると…

・福岡県太宰府市で昨年10月、女性が暴行されて死亡し、遺体が遺棄された事件で、女性の家族が事件前、佐賀県警に複数回、女性の身の危険について相談していたことが捜査関係者への取材でわかった。

佐賀県警は事件化せず、女性はその後、事件に巻き込まれた。

・佐賀県警の鈴木知広警務部長は23日、定例会見で「ご遺族に対し心からお悔やみ申し上げる。現在事実確認をしており、調査結果については可能な限り早く明らかにしたい」と話した。

2020年10月23日 12時49分
https://www.asahi.com/articles/ASNBR3WDJNBJTIPE01G.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

佐賀県警察本部


佐賀県警察は、佐賀県が設置した警察組織であり、佐賀県内を管轄区域とし、佐賀県警と略称する。警察法上、佐賀県公安委員会の管理を受けるが、給与支払者は佐賀県知事である。また、警察庁九州管区警察局の監督下にある。 本部所在地は佐賀市松原1丁目1-16。10の警察署と、1610人の警察官からなる。
佐賀県警察本部 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

佐賀県警を頼ってはいけません。

職務怠慢でしょ。税金で飯くってるんだからちゃんと仕事しなきゃでしょ。

というか、これだけ日常的に被害があってなぜ警察が動かなかったのか見解が聞いてみたいですね

地元です、ショックです、言葉になりません、

尼崎の連続変死、行方不明事件と同じですね。あの事件では家族らが36回警察に相談に行ったけど事件化されなかったそうです。警察は変わらないなぁ。

腐敗しきってる。

死なないと助けてくれないんだね、警察って偽善者だわ

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事