【徴用問題】韓国外交部長官「両国の企業が自発的に拠出した財源で被害者に代位返済しない?その後に債務者に求償権行使しよう!」

韓国外交部長官「韓日企業が財源作って強制徴用を賠償」 日本に提案

記事によると…

・韓国の朴振(パク・ジン)外交部長官は19日、林芳正外相と会って強制徴用被害者賠償問題に関連し、両国の企業が自発的に拠出した財源で被害者に代位返済(第三者が返済した後に今後債務者に求償権行使)していく方案を提案した。官民協議会で提示された意見を紹介する形を取ってはいたものの、事実上、徴用問題解決のための政府次元のドライブが始まったという分析だ。

・朴長官はこの日の会談後、取材陣と会い、「いろいろと前向きな話を多く交わして(雰囲気が)良かった」とし「関係改善に向けて両国が誠意を持って努力することにした」と述べた。林外相も尹大統領が就任100日記者会見で関係改善の意志を表わしたことに言及して「肯定的に受け止めて歓迎する」と明らかにしたと日本メディアのTBSが伝えた。

2022.09.21 06:43
https://japanese.joins.com/JArticle/295722

朴振


朴振は、韓国の政治家、外交部長官。元外交官。第16・17・18・21代国会議員。本貫は驪州朴氏。キリスト教徒。
生年月日: 1956年9月16日 (年齢 65歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ハニトラハヤシはそんな与太話を間に受けとるんか?😤

”日”だけ除いて勝手にどうぞ、ホントにしつけーな

ないない

もうええて

それはダメだと言ったろ

自発的に金作らないやん

やっぱりおかわりなんだ・・10億返さないわ基金を勝手に解散させるわ好き勝手やったくせにまだ金くれって頭おかしいわ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを