竹中平蔵さん、五輪開催の根拠力説「スペイン風邪でもやった」「日本の事情でやめてはならぬ」

竹中平蔵氏が五輪開催の根拠力説「スペイン風邪でもやった」「日本の事情でやめてはならぬ」

▼記事によると…

・元総務省で経済学者の竹中平蔵氏(70)9日、自身のユーチューブを更新し、東京五輪を開催すべき理由を徹底解説した。

・竹中氏は3つの理由を挙げた。

 1つ目の理由は日本の責任。「オリンピック・パラリンピックは国内イベントではないということです。世界のイベントなんです」と主張。「従って本来ならば日本の国内事情でこの世界的なイベントを止めるというのはあってはいけないことだと思います。国際的な責任を果たすために国内事情をしっかりとコントロールしながら実行に移す責任がある。それが実は日本が日本で開催されるオリンピック・パラリンピックの本質的な問題だという風に思うんです」。

 2つめの理由として、1つ目の理由に付随する形で過去の例を挙げた。過去にオリンピック・パラリンピックを止めたのは第一次世界大戦と第二次世界大戦の時で「つまり世界大戦の時はさすがにこれは世界が真っ二つに割れてるわけですから。これは国内事情ではなくて世界の事情でできないから止めているわけです」と説明した。

 さらに今回の状況に類似した1920年のアントワープオリンピックを取り上げ「1918年から数年間世界はスペイン風邪というパンデミックに襲われました。しかしこのパンデミックの中でベルギーのアントワープできちっとやられました。このスペイン風邪というパンデミックは、はっきり言って今の新型コロナウイルスの影響とは比べものにならないほど大きなものでした。それでもオリンピック・パラリンピックをやろうとやったわけです」と話した。続けて「他の欧米諸国に比べて影響がまだ少なくて済んでるわけですから、ここはやはしっかりとして実施すべきだと私は思います」。

 3つ目の理由がワクチン。「この数か月の間にコロナ問題に対する世界の認識は大幅に変わったということです。日本では依然として人流を抑えるためにどうこうという話をしていますけど私の認識ではイギリスやアメリカでは、もうそんな議論はしておりません」。

 今やるべきこととして「ワクチンを普及させること。そして国際的責任を果たすために日本は今このオリンピック・パラリンピックを万全の対策を講じながらきっちりとやり抜くこと。それが私は日本の責任であるし、これは日本にとっても、よいことだと思います」と持論を述べた。

6/10(木) 0:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/38b7466e5e7bff59b5eab0e1008fdf671fbe64fc

動画を見る

竹中平蔵


竹中 平蔵は、日本の実業家、政治家、経済学者。
生年月日: 1951年3月3日 (年齢 70歳)
竹中平蔵 - Wikipedia

ネット上のコメント

中止になったらパソナがあり得ないほどの率で中抜きする人件費がポケットに入らないからこの人はそりゃ反対するわな。。一部の利権者の私服を肥やすだけのオリンピックなんて未来永劫なくなっても構わない。確スポーツのワールドカップだけで十分。

自分の会社(パソナ)が損するからって、そんな訳の分からない屁理屈をこねるんですね さすが、政商と言われる学者は言うことが違いますね いやいや、先生はご立派です さぞ政治家からウケるでしょうね

100年も前の前例持ち出している人と、 今最前線の科学的知見で諮問される立場の人。 政府はどっちの言う事を聞くんだろうね。

竹中先生の生徒はこんなレポートでよいのですか?クリティカルシンキングとかやらないの?笑

オリンピック中止になると困る人達が動いてきましたね。オリンピックから生まれる雇用の事も考えると、中止になると困る人もいるよね。竹中平蔵はどうでも良いけど、末端の派遣の方とか個人で商売したいる人とかの事を考えると雇用はなんとかして欲しいな。

遂に黒幕登場。

派遣スタッフを平蔵が会長のパソナが独占委託してるから、そらオリンピックやってもらわないとカネにならんからやん。理由はそれだけやろが!悪徳やで、こんなことがまかり通るなんて世も末。

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


いいね!&フォローをお願いします

新着情報をお届けします