琉球新報「スク水揚げ、シマに活気」→ ネット『日本語で書いてる以上はもう少し…』『琉球新報秘伝の伝統漁法なので 許してやって』

スク水揚げ、シマに活気 南城市奥武島

▼記事によると…

・旧暦6月1日に当たる21日、南城市玉城のの奥武島で「海のボーナス」とも呼ばれるスク(アイゴの稚魚)が揚がった。

島内の売店はスクを買い求める地元住民らでにぎわいをみせた。

2020年7月22日 05:30
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1160519.html

アイゴ


アイゴとはスズキ目・アイゴ科に分類される魚の一種である。西太平洋の暖海域に生息する沿岸性の海水魚である。鰭の棘に毒をもち刺されるとひどく痛むが、食用にもなる。
アイゴ - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

スク水揚げ と ノーバン始球式 は風物詩でも有り、様式美でもあります。

スクール水着・・・じゃなかった(´・-・`)

マジレスすると、生スク(アイゴの稚魚)はこの時期しか食べられない珍味。

スク水 揚げ…超美味そうだ、中身まで全部いただきたいでごわす。

トレンドのスク水揚げの「スク水」に引っかかった奴 挙手w

新たな変態ジャンルでも出来たのかと思った。(褒め言葉)

心が汚れてるのは自分だけかと思ってたら、そうでもなかった。

FBページが新しくなりました
フォローをお願いします♪

2021年〜最新情報をお届けします。

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認
よく読まれている記事