元SEALDs諏訪原健「首相が代わっても民主主義の手続きを無視する基本的な姿勢は温存されるだろう」「安倍さんが辞めたというだけでは何の意味もない」

「自分と国一体化」は楽だが 野ざらしにされても街頭に

▼記事によると…

・若者にとって安倍政権の7年8カ月とはなんだったのか。学生グループ「SEALDs」の活動の中心にいた諏訪原健さん(27)に聞いた。

――諏訪原さんたちが国会前で「安倍はやめろ」と声をからしていた、その安倍政権が終わりました。
「辞任のニュースを聞いたときは、驚くほどなんの感情もなかったです。首相が代わっても民主主義の手続きを無視する基本的な姿勢は温存されるだろうから」

「安倍政権は民主国家としての最低限のモラルをことごとく壊した政権でした。憲法解釈の変更で集団的自衛権の限定行使を認めて憲法を事実上骨抜きにしたり、強行採決を繰り返したり、多数派の声だけで決まることのないよう配慮すべき国会が機能せず、民主主義の基盤が失われた。僕たちは短期的には安保法案や安倍政権と対峙(たいじ)したけど、自分の生きる社会をどうしたいのか、権利や尊厳を懸けて闘っていた。だから今回、安倍さんが辞めたというだけでは何の意味もないのかもしれない」

2020年9月16日 17時00分
https://www.asahi.com/articles/ASN9H4CJ4N98UPQJ00V.html
>>『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

諏訪原健


生年月日:1992年 (年齢 28歳)
生まれ:鹿児島県 鹿屋市
学歴:筑波大学

twitterの反応

ネット上のコメント

よっぽどネタがないんですねぇww

残念だけど昔も今も日本には必要有りませんね。

なんで、こんな人の話を聞く必要があるの?

朝日と革命系の機関誌と区別が付かないですね

こういう人達の特徴 具体的な内容がない

『しんぶん赤日』に変えれば良いのに。

元SEALDsというだけで紋々背負ってる感がw

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします♪

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認