寿命20年の太陽光パネル、まもなく大量廃棄へ… 2億枚の「終活」

太陽光パネル、2億枚の「終活」 寿命20年で大量廃棄も 九州エネルギー考

記事によると…

・太陽光パネルの「終活」を始めるときが来ている。この10年で国内の太陽光発電は急拡大し、設置済みのパネルは推定2億枚に上る。パネルの寿命は20年程度とされ、将来の大量廃棄も予想されている。適切な管理でパネルを延命しつつ、リサイクルやリユースの仕組みをどう整えるか。次の段階の長期戦略が問われている。

「ケーブルが劣化すると電気が流れにくくなり発熱するんです」。北九州市内のメガソーラーを点検に訪れたj...

(略)

2022年10月5日 11:00(会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC079BW0X00C22A9000000/
『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

太陽光発電


太陽光発電は、太陽光を太陽電池を用いて直接的に電力に変換する発電方式である。大規模な(特に設備容量が1メガワットを超える)太陽光発電所は「メガソーラー」とも呼ばれる。再生可能エネルギーである太陽エネルギーの利用方法の1つである。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ガラスとシリコンと銅が原料だから、リサイクルしにくい💧

処理しきれるんだろうか心配

処理で高コスト…😰

どのあたりが持続可能なん?

どこへ棄てるのだろう🤔SDGsの成れの果て 山や土地を汚染する

環境破壊

はえーなww



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認