共産・志位氏、国包囲の国際的枠組み「賛同しかねる」「あらゆる問題は平和的な話し合いで解決せよ」

中国包囲の国際的枠組み「賛同しかねる」 共産・志位氏

記事によると…

・共産党の志位和夫委員長は29日の記者会見で、日本と中国が国交を正常化してから50年を迎えたことについて見解を述べた。

志位和夫委員長
「今の中国の行動、覇権主義や人権侵害について厳しい批判を表明してきた。この立場は変わりない」

「『軍事対軍事』の対抗の悪循環に陥ってはならない。あらゆる問題を平和的な話し合いによって解決することに徹することを大原則に据えるべきだ」

「中国を排除、包囲するような国際的な枠組みをつくる方向に私たちは賛同しかねる。排除の論理ではなく、包摂の立場で国際的な関係をつくっていく必要がある」

2022/9/29 16:56
https://www.sankei.com/article/20220929-B7VID65RDJKUDOWYSUJWRPKKCA/?629908
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家、衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長を務め、2000年に日本共産党委員長に就任。
生年月日: 1954年7月29日 (年齢 68歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

平和を求めて話し合いでと言われたら、俺なら銃を突き付けて「黙って言うことを聞け!」と言う。

シリ滅裂❣

ヘェ〜

なんでやねん

邪魔すぎる❗️

やはりお仲間だったんですね🤣

詰まり中国共産党様のお仲間です



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認