5歳焼死の展示品火災、罪に問われた元大学生2人無罪主張「発火するとは考えられなかった」

出展団体の元大学生2人が無罪主張 5歳焼死の展示品火災

▼記事によると…

・東京・明治神宮外苑のイベント会場で2016年11月、木製のジャングルジム形の展示品が燃え、男児(当時5)が死亡するなどした火災で、重過失致死傷の罪に問われた22歳と23歳の元大学生の男2人(火災当時は少年)の初公判が19日、東京地裁であった。

2人は「被害者には大変申し訳なく思いますが、発火するとは考えられませんでした」などと起訴内容を否認し、無罪を主張。

・火災は2人が作品内に置いた投光器の白熱球の熱が飾りの木くずに着火して発生。遊んでいた男児が焼死し、助けようとした父親もやけどで顔や手に重傷を負った。

・火災をめぐっては、同大の指導教員やイベント会社の社長ら4人も業務上過失致死傷容疑で書類送検されたが、東京地検は4人を不起訴処分にしている。

2020年8月19日 12時55分
https://news.livedoor.com/article/detail/18757083/

ジャングルジム


ジャングルジムとは、金属パイプの骨組みやロープなどでできた、子供が登ったり、ぶら下がったり、座ったりして遊ぶための遊具。
ジャングルジム - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

無知は罪

使ったことないなら尚更発火するリスクについて調べるべきでは

投光器や電球は熱くなるから周囲に燃えやすいものを置かないのは常識じゃなかったのか…

いやまあ過失はあると思う

無罪も違うけどかと言って有罪も違う...

事実、幼い生命を奪ってしまった以上償いは必定

知らなきゃ良いのかって話なんだが

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認