姜尚中氏「コロナ感染防止と経済回復のためには、日韓両国の和解が不可欠」「連携と協力が進めば国交途絶防げる(日本企業資産売却)」

姜尚中「コロナ感染防止と経済回復のためには、日韓両国の和解が不可欠だ」

▼記事によると…

・隣の韓国では、8月6日現在でも新規の国内感染者数は40人前後です。PCR検査を中心とするテストとトレース(追跡)そしてトリート(隔離と療養)が、それなりに成功を収めていると言えるでしょう。

・元徴用工問題に端を発する日本企業の差し押さえ資産の売却へのカウントダウンが始まったことは由々しい事態です。ただ、実際に売却が実施されるまでには、鑑定→命令→通知→競売→配当のプロセスを経ざるを得ず、半年から1年の時間を要するはずです。その「猶予期間」の間に、感染拡大阻止に向けて日韓相互の連携と協力が進めば、最悪、国交途絶の瀬戸際にまでエスカレートしかねない国民世論の軟化と和解への具体策が見つけられるのではないかと思います。

コロナ禍が拗(こじ)れ、感染防止も経済回復もままならなくなることは、事実上の「敗戦」にも近いダメージをもたらしかねません。甚大なダメージを避け、コロナ後の米中対立の激化に共に備えるためにも、日韓両国の和解は不可欠です。

2020.8.19 07:00
https://dot.asahi.com/aera/2020081800007.html?page=1

姜尚中 プロフィール


姜 尚中は、日本の政治学者。熊本県熊本市出身。東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長。2018年4月から、長崎県の学校法人鎮西学院学院長・理事に就任。専門は政治学・政治思想史。特にアジア地域主義論・日本の帝国主義を対象としたポストコロニアル理論研究。所属事務所は三桂。 在日韓国人二世。通名は永野 鉄男。
生年月日:1950年8月12日 (年齢 70歳)
姜尚中 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

韓国と組むメリットがない。少なくとも日本には。

日韓両国の和解がどうコロナ感染防止と経済回復に関係するんだ?

コロナ感染防止と経済回復?要は、韓国経済でしょ。偉そうな言い方をせずに韓国を助けて下さいと言えば良いのにね。もちろん、断るけど。

韓国関係ないでw

いやいや、和解もなにも一方的に喚いているのは韓国。それにNOJapanをしている韓国が日本との話し合いを求めているとは思えないなw

コロナが広がる前、経済は普通に回ってたんだから、韓国いらないやん。

つまり、無視しないで!こっちを見て!

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認