ダチョウ倶楽部、上島竜兵さんの思い受け継ぎ 訃報以前に受けた仕事を可能な限り全うする意向

ダチョウ倶楽部、訃報以前に受けた仕事を可能な限り全うする意向 上島竜兵さんの思い受け継ぐ

記事によると…

・11日に61歳で急死した上島竜兵さんのトリオ、ダチョウ倶楽部の肥後克広(59)寺門ジモン(59)が、訃報以前にトリオとして受けた仕事を、可能な限り2人で全うする意向であることが13日、分かった。複数の関係者が明らかにした。仕事に誠実だった上島さんの思いを大切に受け継ぐ形だ。

関係者は「上島さんと突然の別れの後、おふたりはコメントを発表できないほど深い悲しみに暮れていると聞いています。ですが現状、予定している仕事のキャンセル連絡はないです」と明かした。

5/14(土) 5:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/4e95d1e41c0b6f0083dd7447ca0384c0007c1868

ダチョウ倶楽部


ダチョウ倶楽部は、太田プロダクションに所属する肥後克広・寺門ジモン・上島竜兵からなる日本のお笑いトリオ。カルテットで活動していた時期もある。出川哲朗らと並んで、俗に言うリアクション芸人の代表格である。計算し尽くされたリアクション芸や「ヤー!」
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

気持ちは凄く解るし、ダチョウ倶楽部としての活動を今後も続けて行く事が竜ちゃんへの供養になるとは思う。

そうですか…肥後さん、寺門さんはプロだから、やると決めたら全うされると思いますし、それが上島さんの思いに叶うと考えての決断でしょうが、コメントも出せないほど憔悴されているなら、無理はしないでほしいと誰もが思うのではないでしょうか。

今回の事で、自死を実行してしまう心境というものがどれほど本人にとって危機的かつ圧倒的かということを改めて思いました。

半年前ぐらいにダチョウ倶楽部の3人が集まっている動画を見ましたが、もしかしたらそう見えてしまうところは多少あるのかもしれませんが、上島さんがもの凄く疲れているように見えてしまいました。

受けていた仕事を全うするという決断は亡き上島さんの生前の気持ちを汲んでの事なのでしょうが、やはり精神的にはかなりキツいでしょうね。

休むと独りきりで塞ぎがちになるから、働いた方が逆に気がまぎれるかもしれない。供養と思って働いた方がしっかりできるかも。

肥後さんとジモンさんには、可能な限り頑張って下さい。メンタル的に回復されるのは時間がかかるかもしれないですが、竜ちゃんの分まで強く生きてほしい。そして、これからもダチョウ倶楽部は3人だと思っています。

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。