岡田教授「医療現場も、あと2週間したら大混乱に」→ 予言を外した岡田晴恵教授の言い分

予言を外した「岡田晴恵」教授の言い分 ワイドショーで「医療現場が大混乱に」と発言

▼記事によると…

・岡田教授(羽鳥慎一モーニングショー:7月13日放送分)
「医療現場も、あと2週間したら大混乱になる可能性もありますよ」

↓↓↓

厚労省担当記者
「ただ、番組の放送から2週間が経ちますが、病床数の逼迫や医療関係者の負担は指摘されても、それを“大混乱”とまで言えるのか。視聴者は病院が感染者で溢れ返り、重症者や死者が激増する、というイメージを抱いたのでは……」

岡田教授に見解を問うと…
「いえ、これから時間差で出てくるんです」

過剰に煽った感は?
「普通の人は死者が増えたり、ICUがいっぱいにならないと何も思わないかもしれない。でも、患者がこれだけ増えたいま、今後は死亡者や重症化する人が続出することになりますよ」

・2週間後、と断言した点についてはどうか?
「私は政策屋。政策屋って“いま”を見るんじゃなく、“2週間後”がどうなっているか、どうしたらいいかを必死で考えるの。そもそも私が痛いと感じるのと、国民が感じるタイミングとは違うのかもしれません」

8/17(月) 5:58
https://news.yahoo.co.jp/articles/004bfbb1b21d82491b6d4b7d7c006e4f71889099

岡田晴恵 プロフィール


岡田 晴恵は、日本の公衆衛生学者。白鷗大学教育学部教授。専門は感染症学、公衆衛生学、児童文学。学校で流行する感染症の予防と対策を研究している。ワタナベエンターテインメント所属。
生年月日:1963年 (年齢 57歳)
岡田晴恵 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

二週間詐欺師!www すでに1ヶ月経過。

これ2週前発売の新潮の記事。で、閉め切りは月曜日だったかな。つうと、この「予言」も大ハズレ。

この人最近出てこなくなって静かなヒゲの人が出るようになった。テレビが煽りから鞍替えしたのだろう。

こういう愚かな記事はやめるべきだ。少なくとも海外ではパンデミックが至る所で発生し、そうならないためにも可能な限りの警戒を提言するのが科学者、専門家の責任。こんな記事を描き続け、パンデミックに至った時、こいつらは責任など決してとらない。

このオバさん、結構儲かっただろうな。ダサい服だけど、最近のは高そうなの着けてる。

警鐘を「予言」としてしかとらないのなら「政府からお墨付きをもらった専門家」以外は何も言えなくなるな。

政策屋?誰が政策立案を頼んだの?

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします