海老蔵『プペル歌舞伎』の大誤算… 高額席が売れ残り、異例の値下げも敢行していた

海老蔵『プペル歌舞伎』の大誤算…高額席が売れ残り、異例の値下げも敢行

記事によると…

・波乱の終幕となった市川海老蔵(44)による新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』。海老蔵も25日にブログで《ここ数日なかなか起きれませんでした》とつづるなど、相当ショックを受けている様子だった。

「原作となったキングコングの西野亮廣さん(41)が手掛けた絵本に海老蔵さんがほれ込み、自ら歌舞伎化オファーを西野さんにしたそうです」(前出・舞台関係者)

実は、海老蔵にとって公演中止以上に衝撃的なことが起こっていたと、ある歌舞伎関係者はいう。

「空席が目立つ日もあったそうなんです。『プペル歌舞伎』のSS席の値段は3万円。歌舞伎座での通常公演の最も高い席の倍近い値段で、かなりの高額設定です。安い席は早々に完売しましたが、1万円以上の席の売れ行きが予想より伸びなかったと聞いています。

海老蔵さんが出演する新橋演舞場での新春歌舞伎といえば、毎年チケット争奪戦になっていたので、驚きましたね……」

まさかの“売れ残り”に海老蔵サイドは苦渋の決断をくだす。

「あるチケット販売サイトでは、1万4千円のS席が、サイトの会員限定価格として1万2千円で販売されていたんです。

歌舞伎座や新橋演舞場など、松竹直営の劇場で行われる歌舞伎公演で、値下げをすることはありません。しかし、『プペル歌舞伎』の主催者である実行委員会に松竹の名前はない。赤字が出た場合、海老蔵さんと西野さんサイドがかぶることになりますから、少しでもチケットの売り上げを伸ばすために値下げを敢行したのではないでしょうか」(前出・歌舞伎関係者)

2/2(水) 6:07
https://news.yahoo.co.jp/articles/67517602af1efb896bd18ad2e5674fd418c21bff

関連動画

市川海老蔵


十一代目 市川 海老蔵本名堀越 寶世は、日本の歌舞伎役者、俳優。歌舞伎名跡「市川海老蔵」の当代。屋号は成田屋。定紋は三升、替紋は杏葉牡丹。妻は小林麻央。 愛称に「海老さま」、「海老ちゃん」がある。公称身長176cm・体重80kg・血液型AB型。 古典の大役に挑み、初役を多くつとめ、高い評価を得ている。
生年月日: 1977年12月6日 (年齢 44歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

歌舞伎でなくミュージカルとかであったとしても行かないと思う。

題材が良くない

プペルはワンピースほど世間に認知されてはいなかったということでしょう。絵本原作では、いつも観に来るファンの動員も期待できませんし。

早めに演目変えた方がいいと思います

プペルの客層と歌舞伎の客層がまったく合ってないのではないのかな?年齢層が高い人たちにプペルは認識されてるのか?どうなのかね?

この情勢の中だが、ワンピースとプペルを同格かと錯覚した時点でセンスが無かった。少年漫画らしいシンプルな内容の鬼滅をいち早く取り込めたらというIfだね。

もう少し世間の声を気にして題材を選んだ方が良かったかと 名前は浸透していると想うがそれだけだったかと

日本のニュースを24時間配信(ANN)



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認