お坊さん「炎上覚悟で申しますが、お寺での厳しい修行よりも◯◯◯の方が辛かった…」

沙門シコウさんのツイート

炎上覚悟で申しますが、お寺での厳しい修行よりも、学生時代のファミレスのアルバイトや、時間に縛られる事務仕事の方が辛かったです。

ましてや、社会人の皆様は、そこらのお坊さんよりもよっぽど厳しい体験をされている事でしょう。

誇りを持ちつつ、どうか無理をせずにお仕事されてください。

関連ツイート

関連ニュース

修行


修行は、仏教における精神の鍛錬に関する用語の一つ。 財産・名誉・性欲といった人間的な欲望から解放され、生きていること自体に満足感を得られる状態を追求することを指す。 この仏教用語を元に、古代インド宗教における同質の行為や、他の宗教における精神鍛錬にも、固有の用語が無い場合にはこの語が用いられる。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

当に「日々の暮らしの中に修行在り」ですな。

それ本当やな

お坊さま、無作法限りの発言でお許しください。中学生のとき、学校から参禅研修に行きました。冷たい板の間に座禅して、警策で背中に青あざのできるまで叩かれて、本当に痛く辛い思いが残っています。辛いと言わずなんと言おうかという記憶です。

ありがたいお言葉です

苦しみは自分の外の無関係の他人からもたらされ、自分の記憶と感情が苦しみお逃がさない様に繰返し咀嚼し続ける、神仏へ寄り添う為の行は心仏の為に自己に帰結してゆく清んだ苦行なのだろか

資本主義の思想・大乗仏教の思想、相反するものだと思います。

単純作業している時の修行感。

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼