フランス、ペット店で犬と猫の販売禁止へ

仏、ペット店で犬猫販売禁止へ 動物愛護で24年から

・フランス上院は18日、動物愛護に関する法改正案を賛成多数で可決

・犬と猫はペットショップでの販売を2024年から禁止する。

・犬や猫を飼う場合、保護団体や個人からの譲渡、ブリーダーからの直接購入となる。

・施設でのイルカやシャチのショーを26年から、移動型サーカスでの野生動物の利用を28年から、それぞれ禁止する。

・ウサギや魚などは引き続き販売できるが、衝動買いを招かないようショーウインドーに陳列することは禁止する。

全文を読む
2021年11月19日 6時6分

エマニュエル・マクロン


エマニュエル・ジャン=ミシェル・フレデリック・マクロンは、フランスの政治家。同国第25代大統領、アンドラ共同大公を務めている。大統領府副事務総長、経済・産業・デジタル大臣を歴任した。
生年月日: 1977年12月21日 (年齢 43歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

フランスに綱吉おる?

でも水族館とか動物園とかそのへん種の保存って側面もあるのよね? どう出るかな…

日本でこの法律できたら捨て猫拾いました系のYouTuberがなぜか激減しそう

そして犬猫が闇市に出るんだろうな

ペット産業全規制てこと?影響大きそう

闇で犬猫が高く売られることになりそう

イルカショーもか

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。