政治ジャーナリスト『岸田首相、安倍元首相「茨城6区」応援演説に「日当5000円」でサクラ動員…公選法違反の可能性も』

岸田首相、安倍元首相「茨城6区」応援演説に「日当5000円」でサクラ動員…公選法違反の可能性も

▼記事によると…

・取材した政治ジャーナリストの宮崎信行氏が語る。

・岸田首相の応援演説に集まった聴衆は、自民党関係者が国光議員の事務所に聞いたところによると、約3000人。就任間もない新首相の人気……と思いきや、宮崎氏が目撃した光景は異様なものだった。

「街宣車の近くにいる人は多くがスーツ姿で、手に幟を持っていたのです。多くが『茨城県食と農と水政治連盟(茨城県農政連)』の人たちで、ほかにも『茨城県自動車整備振興会』の方や、行政書士の団体も参加していました」

ある自民党ベテラン秘書が打ち明ける。

「こうした団体が幟を立てるのは、自分たちはちゃんと “動員” していますよ、とアピールするためなんです」

選挙の際、政党の街頭演説などに、支援団体が動員をかけることは多い。団体は支部や加盟企業に動員数を割り振り、ノルマを課すこともある。だからか、こんな光景も……。

「国光議員の演説中にも、幟を持った2人の若者が『このあとどこか行こうよ』としゃべったり、経済政策にツッコんだりしていました」(宮崎氏)

この日、動員された聴衆のなかには、“お金目的” だったと語る人もいた。

「私が演説会場に足を運んだのは、聴衆として話を聞くだけで、5000円の日当が出ると聞いたからです。街頭演説が一時間足らずで終わると、用意されていた領収書に名前と住所を書かされ、現金を渡されました。宛名の欄には何も書かれていませんでした。こんなことでお金をもらっていいのか、不安になりましたね」

11/8(月) 6:00
https://nordot.app/830187430410764288

宮崎信行


宮崎 信行(1974年 - )は日本の政治ジャーナリスト。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これが事実なら本当に酷い内容だ。しかし知識ある議員がやるのか?裏で足を引っ張ろうとする輩がいるのか?ただ金が動いたなら事実は明確にするべき。

マスコミも可能性も…でなく、正しい情報であれば記事にすると共に訴えてください。もし誤報であれば責任とってください。

ルール違反は与野党関係なくダメ。これは絶対。報じる・追及する側も「疑惑」だけではダメ。証人・物証等の根拠が必要。

ちゃんと違法かどうか捜査されればいいけど・・個人的には有耶無耶にされるような気がするな、最近の例をみれば。

党員じゃなくてサクラなんだな。

ターミナル駅周辺だと風物詩レベルのことだな。偶然集まった駅前埋め尽くす大勢が一斉に感動して万歳とかするわけないよね。

日当5000円が出ると噂で聞いた人のインタビューはあるんだけど、実際に5000円を貰った人のインタビューがないんだよ。どうすんの?この記事。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。