台湾言及の2021年版防衛白書にに中国「内政問題への乱暴な干渉であり、中国脅威論をあおっている」「強烈な不満を示し断固反対する」

「強烈な不満」台湾言及の防衛白書に中国

▼記事によると…

・防衛白書では台湾情勢の安定が日本の安全保障に重要だと初めて明記されたほか、尖閣諸島周辺における中国海警局の活発な活動について懸念が示されました。

 これについて、中国外務省は13日の会見で「内政問題への乱暴な干渉であり、中国脅威論をあおっている」と批判しました。

 そのうえで「強烈な不満を示し断固反対する」と述べ、台湾を念頭に「中国の完全な統一が地域の平和と安定に最も役に立つ」と主張しました。

2021/07/13 21:11
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000222450.html

日本の防衛: 防衛白書


防衛省の年次報告書。わが国の防衛の基本的事項や1年間の防衛省・自衛隊にかかわる主要な事象を網羅する。

ネット上のコメント

中国が武力侵攻しなけりゃ何も起こらんわけで。

言っている事はどうでもいいですが、こういった反論を都度する事が必要。何も言わないのは、正しいと認めているのと同じ。それが世界の常識。

手出しされたくない問題ばかりですね

日本も「いかなる国であれ日本の安全保障に手出しすることを断じて許さない」と宣言すべき。

私はメディアが世界情勢に疎いことに不満。

煽っているのは中共だよね。

まあ予想通りだし 日本政府も予想してるだろ ただ国内の親中派が問題

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします