眞子さま『10月婚』諦めきれず… 新たに浮上した小室圭さんとの新居問題

眞子さま“10月婚”諦めきれず…新たに浮上した小室圭さんとの新居問題

▼記事によると…

・結婚までに多くのハードルが立ちはだかる2人に、コロナ発生で新たな懸念材料が。

・住まいは郊外か、賃貸か

・皇族から降嫁された身近な例として挙げられるのが、天皇陛下の妹、黒田清子さん。2005年に東京都職員の黒田慶樹さんと結婚。2006年に都心にあるセキュリティーのしっかりした新築マンションの住戸(約110平米)を約1億円で購入。その際、代金は清子さんに支給された一時金から一部支払われ、残り3000万円ほどの住宅ローンを黒田さんが組んだといわれている。

・しかし、2006年と今では、1億円で購入できる物件の広さとクオリティーに大きく差が出ているとのこと。

・部屋の広さが70~80平米でも都心だと、今なら少なくても1億円はかかるという。実際、黒田夫妻が暮らしているといわれるマンションは分譲から15年が経過しているが、値段が下がるどころか値上がりしている状態だ。しかも、小室さんは無職のため、黒田さんのように住宅ローンを組むことは難しいだろう。

「秋篠宮さまは眞子さまが日本で暮らす場合、そばにいることを望まれるはずです。しかし、秋篠宮邸がある赤坂御用地周辺は超一等地のため、実家からの援助でもない限り難しいはず。もし購入するとしたら山手線の外側、もしくは当分、賃貸暮らしを選択せざるを得ないのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

6/19(土) 9:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/cd0aa1b9d839103b3a5b907c0922386688561920

眞子内親王


眞子内親王は、日本の皇族。身位は内親王。敬称は殿下。お印は木香茨。勲等は宝冠大綬章。 秋篠宮文仁親王と同妃紀子の第1女子で、徳仁は伯父にあたる。妹に佳子内親王、弟に悠仁親王がいる。2021年現在、内親王では最年長。
生年月日: 1991年10月23日 (年齢 29歳)
眞子内親王 - Wikipedia

ネット上のコメント

結婚有りきで未だに話が生きていることに不愉快。30歳までに結婚とか、国民感情無視で一般感覚でいるのなら血税を使わず、小室家の財政でなんとかしてもらってください。我を通すのなら、それが筋でしょう。

それで一時金に頼ろうという発想がそもそも間違えている。二人で職探し、アパート探しから始める覚悟がないなら破談にすべき。

小室さんがこのまま10月に結婚したら眞子さまの今後が心配ですし、何より国民の支持が高くないと思われますので、皇室のイメージが悪くなる恐れがあるのではないかと感じられます。

小室親子って、ある意味すごい。

まだ、結婚の可能性があるのか…。一般国民からすれば、敬愛される皇室のためには、破談しかないと思うのだけど。

結婚に向けて世論を誘導するような記事が増えてますね。どこかからの圧力でしょうか、小室佳代の遺族年金不正受給疑惑を白黒ハッキリさせないのであれば結婚はあり得ないでしよ。

良いんじゃないですか賃貸暮らし 苦労をした事が無いでしょうから、万分の一でも勉強になるでしょう

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします