【東京五輪】医師へのボランティア呼びかけに、川淵三郎氏「何故この事が批判の対象になるの?」 

川淵三郎氏「何故この事が批判の対象になるの?」 医師へのボランティア呼びかけは「最大限の努力」

▼記事によると…

・Jリーグの初代チェアマンで、日本サッカー協会会長も務めた川淵三郎氏(84=日本トップリーグ連携機構会長)が4日、自身のツイッターを更新。

東京五輪・パラリンピック組織委員会が、大会期間中に競技会場の医務室などで活動する医師を確保するため、日本スポーツ協会を通じて協会の公認スポーツドクターを200人程度募集していることについて「何故この事が批判の対象になるの?」と疑問を投げかけた。

5/4(火) 21:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcd4ae0e0c6ea572638e1b6ee71e39d02d008189

川淵三郎さんのツイート

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

本当にわからないのか、わからないふりをしているのか、どちらですか?

我々の人生が蔑ろにされているからだ。

物事には優先順位があると言うことです。人が生きる、死ぬというときに他に優先されるものがありますか!

プロに正当な報酬を何故出さないんですか?

ではコロナが終息しない限り医療従事者がそれぞれの医療現場でベストを尽くすのも当然ですかね?五輪への派遣には協力できません。

医師はお金貰って人を治す、医学のプロです。プロは自分の仕事をボランティアではしません。アマチュアの医師免許持ってないドクター?に頼んで下さい。

昔はよく切れる刀だったのに手入れを怠ったんですね お飾りの刀にされてしまって今や己が錆びてることさえ気づかない 本当に残念です

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします