「加害者家族を苦しめるのは『社会』の人々」 江川紹子氏が池袋暴走被告叩きに問題提起

江川紹子氏 池袋暴走被告叩きに問題提起「加害者家族を苦しめるのは『社会』の人々」

▼記事によると…

・ジャーナリストの江川紹子氏が11日夜、ツイッターに新規投稿。

・池袋暴走死傷事故の被告がメディアでバッシングされていることに対して疑問を呈した。

・11日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」で元衆院議員でタレントの杉村太蔵が「裁判において被告が自分の正当性を主張するのは基本的人権の中では最も尊重されるべき一丁目一番地。推定無罪という大原則はメディアで押さえておかないといけない」と、報じる側が冷静な視点を持つべきと訴えたネットニュースを引用し、「杉村氏まっとう。と言わなければならない状況が嘆かわしい」と指摘した。

・江川氏は「一番言いたいはずの松永さんが、その点、非常に抑制的なコメントをされているのに、無関係の芸能人とかがテレビでわいわいと自分の『思い』をぶっちゃけ合うという企画そのものがどうか、と思いますね」と、妻子を亡くした遺族の松永拓也さんの姿勢と対比して、メディア側に問題提起した。

 江川氏は9日付投稿で「事実確認もないまま、共犯者であるかのような非難にさらされる日々。終わりなき社会的制裁に、加害者の家族も苦しんでいる」として、批判に苦しむ同事故の加害者家族を取材した記事を引用。リプ欄の「被害者から見れば加害者を庇う加害者家族も共犯者に見える」という指摘に対し、江川氏は「加害者の家族を苦しめているのは、被害者ではなく、『社会』の人々です」と反論した。

 また「加害者家族も苦しんでるかもしれんけど被害者家族はもっと苦しんでるよね、命奪われたんだから」という意見を受け、江川氏は「被害者家族の苦しみと、加害者の家族の苦しみは、質的に異なり、比較することに意味はないと思います。被害者家族が受けている、途方もない喪失感や悲しみを、何かと比較するようなことはしたくありません」と、被害者側と加害者側を単純な対立軸で分けて見ることはできないという見解を示した。

2020/10/12 07:23
https://www.msn.com/ja-jp/news/entertainment/

江川紹子


江川 紹子は、日本のジャーナリストである。東京都杉並区生まれ。
生年月日:1958年8月4日 (年齢 62歳)
江川紹子 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

いやまず守られるべきは被害者家族でしょ?学術会議にも参加されてた上級国民被告は各方面に守られてばかりでおかしくありませんか?

何でも世論と真逆の事を言えば人道的なジャーナリストだとでも??犯した罪に反省の色が無いから批判されてる 似たような事故で自ら有罪を主張する人間さえいるのに コイツは何考えてんだよ

加害者家族を害しているのは、飯塚被告であって社会ではない。この人は、日本の社会構造の破壊や心情の荒みを煽るのが目的?お仲間のマスコミの姿勢の問題でもある。

誹謗中傷はいけないが、加害者に対する社会的制裁、批判はある程度やむを得ないのではないか

みなさんが厳罰を求めるのなら加害者たたきはやめたほうがいいと思いますけどね。社会的にすでに罰せられているということで減刑されますよ。

そもそも事故起こした糞爺本人が車のせいにして自分は悪く無いと言い反省のハの字も無いし、おまけに飯塚幸三は医者から運転を許可できないと言われてたにも関わらずに止めなかった家族にも問題があるんで無いの?

これなら まともな 意見かな。

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします