特異な才能ある子ども『ギフテッド』支援に8000万円 文科省予算案方針

特異な才能ある子ども支援に8000万円…文科省予算案方針、関心に合った授業作り検討へ

記事によると…

・文部科学省は2023年度予算案で、特異な才能のある子どもの支援に向けて、8000万円を計上する方針を固めた。海外で「ギフテッド」と呼ばれる子どもの支援に初めて乗り出す。

・将来的には全国展開したい考えだ。

・特異な才能を持つ子どもは、授業が簡単すぎて苦痛に感じるなど学校になじめずに不登校となるケースがあり、文科省は支援が必要だと判断した。

12/22(木) 8:19
https://news.yahoo.co.jp/articles/9f63201a7a9e8f6ee3b8fdb0cbd2f866a9ddf01a

ギフテッド


ギフテッドは、平均より著しく高い知的能力を指す用語。多様な定義が存在する子供の特性であり、学校での教育内容に差をつける理由となる。ギフテッドの特性は成人後も持続すると考えられ、英才教育に関する過去100年間の長期的研究で様々な結果が報告されている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これさぁ…才能ある子を伸ばすのが悪いとは言わないけど「支援を必要としている子」が必要な支援さえ満足に受けられていないって方にももっと目を向けてよ

グレーゾーンがますます生きにくい世の中へ。

特異な「検討」の才能を持った子どもたちを育成しよう

有識者にギフテッドいない時点でこの会議意味ないやろ

俺もギフテッドと呼ばれたかった…

たった8000万円か、と思うけど「ギフテッドに政府が予算を付けた」という事実を評価すべきだろうか。

しょぼ…



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認