生活費月8万円以下・足立区在住の外国人「日本語分からず、生活保護も受けられず…」→ 上畠寛弘氏「日本国が税金により支援する義務はありません」

うえはた のりひろ氏のツイート

自らに資力がなく、自分の母国である出先機関たる駐日大使館さえ支援しないならば、帰国するしかありません。

日本国が税金により支援する義務はありません。

うえはた のりひろ 神戸市会議員【東灘区選出】


甲南中高、慶應義塾大学総合政策学部卒業、日本マクドナルド本社にて労使紛争処理など人事労務に携わる。25歳鎌倉市議会議員全国最年少当選、議会運営委員長、予算特別委員長歴任。29歳神戸市会議員当選、総務財政委員長、阪神水道企業団議会議員。天理大学貢献校友。自民党公認。神戸の為、日本の為、国民民主党との連携希求!💎
出典:Twitter

ネット上のコメント

当然です🙇

どうして、あたりまえの事があたりまえにできないのでしょう・・・・?

世界中で当たり前の事なんですけどね。

外国人住民がこんなに増えているのに、同じ対応でいいわけありません。 入管法など、改めて法整備を見直すことがお互いの為だと思います。

日本に入国する時に日本で生活していける諸々の能力と経済力が要求されると思うのですが、その条件がなくなったらご帰国されるのが一番安全安心だと思います。

正論言ってくれる議員があまりにも少なすぎる。

ほんまこれ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認