作曲家・三枝成彰氏「総理にならってか役人までもが嘘をつき、彼を喜ばすためにいらぬ忖度をし、文書改ざんや統計の数字をごまかすようになった。最低だ。私は彼の国葬には反対だ」

私が安倍元総理の国葬に反対する理由…「嘘が通る社会」をつくったのは誰か(三枝成彰)

記事によると…

・彼に人間的魅力があったことは確かだろうし、得難い人ではあったと思う。

だが、人柄だけですべてを語ることはできない。彼は公人であり、この国の政治的責任者だった。

有名人が亡くなり、世の中が“追悼モード”になると、日本人はすぐに人柄と業績をいっしょくたにして、“不都合な真実”はすべて水に流してしまう。人としての評価と、政治家としての評価は分けるべきだ。

・政治家としての安倍氏には、罪もある。最大の罪は「嘘が通る社会」をつくったことだと私は思っている。「モリカケサクラ問題」は消えたわけではない。その影響下で自ら命を絶った人もいる。それを忘れてはならない。

「桜を見る会」問題では国会で118回もの虚偽答弁をしながら、捜査は終結。水に流された。

総理にならってか役人までもが嘘をつき、彼を喜ばすためにいらぬ忖度をし、文書改ざんや統計の数字をごまかすようになった。最低だ。

・私は彼の国葬には反対だ。

7/30(土) 9:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/bc3680c88291b0815dc1325a521d70149b5e7a7b

三枝成彰


三枝 成彰は、日本の作曲家、編曲家、コラムニスト。株式会社メイ・コーポレーション代表取締役、東京音楽大学客員教授、日本作編曲家協会副会長、日本交響楽振興財団理事、日本現代音楽協会理事、渡辺音楽文化フォーラム理事、全日本ピアノ指導者協会 相談役、サイバー大学客員教授。1989年までは本名の三枝 成章名義で活動していた。
生年月日: 1942年7月8日 (年齢 80歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

事実がどこにあるか知らずに、また知ろうともせずに発信する不誠実さ。
音楽に対しても不誠実なんでしょうね。

この人、音楽家として、どの程度の人なのか知らんが、政治的にまるでバ◯なのが確定やね。というか、テレビでバ◯コメンテーターが言ってることをそのまま言ってるだけなのだろうが。

作曲家として尊敬しておりましたが、あっち側だったのか。残念です

サンモニのテーマ曲の作曲者らしいコメント💢

サンデーモーニングの劇盤とかジングル作ってる人なんで察しですね。その他の作品見ても大したことないので3流、4流作曲家ですね。

何でも、TBSの悪名高き日曜朝の番組のテーマ曲を担当とか。なるほどと思った次第です!

三枝氏の曲は素晴らしいが、芸術の才能と思想は別物と思い知らされる。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを