共産・志位氏「今、電力ひっ迫という事態が起こっている根本には、日本の省エネと再生可能エネルギーが、世界でウンと遅れてしまっているという問題がある」

ピーチ太郎3rdさんのツイート

【何言ってんだコイツ😩】

志位和夫
今、電力ひっ迫という事態が起こっている根本には、日本の省エネと再生可能エネルギーが、世界でウンと遅れてしまっているという問題がある

工エエエェェェ(゚Д゚)ェェェエエエ工

関連動画

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家、共産主義者、衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長を務め、2000年に日本共産党委員長に就任。以来21年間もの間、同党委員長に在任している。
生年月日: 1954年7月29日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

共産党山添「原発も動かさない。石炭も石油も使わない。エネルギーの輸入もしない」共産党は日本を江戸時代に戻したいのでしょうか。

アメリカを抜いて2位になったとしても まだまだ遅れてると言いそうですね。

あまりにもツッコみたいところが多いが、とりあえず一つだけ。そもそも、電力需給逼迫は「“たった今”起こっている電力供給不足」の話であって、何年も先の未来の話じゃないんだよ。2030年に電力源をどうこうすることによって、“今”の電力需給逼迫が解決するとお思いで?

うわぁ😵汚染水と言うような政党は絶対に信用できません‼️

テレビで一発で見抜ける嘘を平気で言う根拠は「先に刷り込んだ者の勝ち」ということでしょうね。生放送ならなおさらでしょう。手口が汚すぎる。

再エネの太陽光発電のために、採算合わなくなった火力発電の撤退で、朝晩と天気悪い日の発電量の不足が今の事態を起こしてる。企業は血の滲む省エネしてますから。

何言ってんだこいつ…



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを