桂田社長、事故当時事務所におらず船長との連絡や記録をしていなかった事が明らかに 安全管理規程に違反

事務所離れ船長と連絡せず 社長、安全管理規程に違反

記事によると…

・北海道・知床沖で乗客乗員26人が乗った観光船が沈没した事故で、運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長(58)が事故当日、安全管理規程に違反して事務所から離れ、航行中の豊田徳幸船長(54)との連絡や記録をしていなかったことが2日、乗客の家族に配った文書で分かった。

・文書によると桂田社長は運航管理者で、安全管理規程では航行中に事務所にいるのが原則だが、当日は病院に行くため離れていた。

・事務所には管理補助者に登録している社員はおらず、ほかの社員に船長と連絡を取る指示もしていなかった。

2022年5月3日 6時1分
https://news.livedoor.com/article/detail/22102705/

知床観光船沈没事故


知床観光船沈没事故は、2022年4月23日に遊覧船「KAZU I」が北海道斜里郡斜里町の知床半島西海岸沖のオホーツク海域で消息を絶ち、船内浸水後に沈没した海難事故である。 4月26日現在、「知床観光船遭難事故」「北海道知床遊覧船事故」などとも呼称されている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

起きるべくして起きた惨事やな 出航の可否を決めた時点では事務所にいたのかどうか?

連絡取ってる言ってなかったっけ?口開くたびボロが出るなこの社長

ひどいのオンパレード

重大な事故原因を隠していて反省してないって結論でたな。実刑だろ

事故当日に年の離れた嫁さんが出産したんじゃなかったか?

似たような会社も震えて眠れ

絵にかいたようなボンクラ社長で笑いも出ない

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。