立憲民主党から1500万受領 ネットメディア認める

立民から1500万受領 ネットメディア認める

記事によると…

・インターネット報道番組を制作、配信する「Choose Life Project(CLP)」は6日、立憲民主党から広告代理店などを通じ、「番組制作費」として約1500万円を受け取っていたとホームページ上で発表した。

CLPのホームページに共同代表の佐治洋氏の名前で掲載された文章によると、スポンサーを探す中で福山氏に会い、支援を受けることになった。令和2年3月以降、広告代理店や制作会社を通じ、約1500万円を受け取った。佐治氏らの給与や制作にかかる費用に充てたとしている。

2022/1/6 22:13
https://www.sankei.com/article/20220106-OYCLOCASWNL27KG5LN6CW3RSNY/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連動画

Choose Life Project


Choose Life Projectは、テレビの報道番組や映画、ドキュメンタリーを制作している有志で始めた映像プロジェクトです。「誰が、こんな世の中にしてしまったの?」と嘆く前に、まず“私”がその責任を取る。映像を通じて、この国の未来を考えます。YouTubeのチャンネル登録&市民サポーターを募集中です!
出典:twitter

ネット上のコメント

資金提供が広告代理店や制作会社を通してだったり、いつ支援終了を申し出たか明らかにしなかったり、突っ込みどころ満載のようで。。

民間のネットメディアに、政党が援助をする違和感を感じる。1000万円と言いながら1500万円だし、更に疑惑は深まったと思う。まだまだ隠してることがありそう。国会で証人喚問すべきと思うね。

危ない匂いの情報提供誠にありがとうございます

広告代理店通してとあったが、その会社怪しい感じ

中立のメディアという志は始めから金で転んでいたということか。

やっちゃったなぁー

小西議員、有田議員のコメントが聞きたいね。

日本のニュースを24時間配信(ANN)

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼