対中決議、自民、公明に熱意なく再び見送り

対中決議、再び見送り 自民、公明に熱意なく

記事によると…

・中国政府による新疆(しんきょう))ウイグル自治区などでの人権侵害行為を非難する国会決議は、今国会でも採択が見送られることが20日、確実になった。

・「タイミングの問題だ」

自民の茂木敏充幹事長は17日、決議を求めて党本部を訪れた古屋圭司政調会長代行らに対し、北京冬季五輪の「外交的ボイコット」をめぐる政府の対応表明を決議に先行させるべきだとの考えを示した。古屋氏らは「決議と外交的ボイコットは全く違う問題」と食い下がったが、茂木氏は首を縦に振らなかった。

・与党関係者によると、この修正後の決議案は古屋氏らが茂木氏と面会した17日までに公明の石井啓一幹事長まで報告が上がっていなかったという。

「公明執行部はどんな決議でもやる気はなかったのだろう。古屋氏側が到底受け入れられないような修正を求めたが予想外に丸のみされ、公然と反対する理由がなくなった。公明の窮状を茂木氏が忖度(そんたく)(そんたく)して、泥をかぶったのではないか」

2021/12/20 20:58
https://www.sankei.com/article/20211220-AZB7WG2LTJN5DA5OZBVJZCEYYU/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連ニュース

古屋圭司


古屋 圭司は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党政調会長代行、自由民主党憲法改正実現本部長。 国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、拉致問題担当大臣、国土強靭化担当大臣、経済産業副大臣、衆議院文部科学委員長・商工委員長・議院運営委員長、自由民主党選挙対策委員長などを歴任。 旧姓は松本。
生年月日: 1952年11月1日 (年齢 69歳)
出典:Wikipedia

茂木敏充


茂木 敏充は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、自由民主党幹事長、自由民主党栃木県連会長、平成研究会会長。
生年月日: 1955年10月7日 (年齢 66歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

この政権に期待は不用です。保守派議員を増やす方法を考えなくては。

妖怪2Fさんが沈んだと思ったら岸田-謝謝-リン&山口の媚中カルテット。心底、世界に恥ずかしい岸田政権。

こんな事をしておいて、総理候補に名乗りを上げるとはイイ度胸なのは認めますが、自分は全力で反対しますよ

当たり前の事を主張出来る国造りが出来る事を望みます。

岸田・茂木体制へのフラストレーションが高市政権爆誕へのブースターになればいいけどね

中身空っぽの非難決議なら可決しなかった方が良かった。(-ω-。)

自民党は終わった。

 アンケート投票 & 結果確認


\\SNSでシェア//

※コメント欄が表示されない場合はリロードしてください。