山中伸弥教授、iPS研究所の所長退任へ

「最後は研究者として…」 山中伸弥さん、iPS研究所の所長退任へ

記事によると…

・京都大学は8日、山中伸弥教授がiPS細胞研究所の所長を2022年3月末で退任すると発表した。後任の所長にはiPS細胞を使ったパーキンソン病治療を研究する高橋淳教授が就任する。山中教授は教授職としてiPS研に残り、研究を続ける。

・山中さんのコメント
「06年にiPS細胞を発表して以来、15年間にわたり組織運営や寄付募集活動に微力を尽くしてまいりました。この数年は、研究者としての最後の期間は自身の研究に注力したいという思いが日に日に強くなっていました。先日の教授会で令和4年度からの所長として高橋淳先生を推薦し、投票の結果、高橋先生が選出されました。iPS細胞を用いた多くのプロジェクトが臨床試験の段階に到達しつつある中、自らも臨床試験を先導されている高橋先生は、新所長として最適の研究者です。私は基礎研究者として、iPS細胞や医学・生物学の発展に貢献できるよう全力を尽くします」

12/8(水) 11:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/9350ad0285c114bd50e190e953d2aca9e916c210

山中伸弥


山中 伸弥は、日本の医師、医学者。学位は医学博士。京都大学iPS細胞研究所所長・教授。 カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所上席研究員。日本学士院会員。
生年月日: 1962年9月4日 (年齢 59歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

驚きました。iPS研の運営が滞りなく継続し更に発展しますように 山中教授の次のステージでのご活躍を願っています。 これまでのご尽力、お疲れ様でした。

山中教授おつかれさまでした。 次の目標が既におありと思いますが、そちらでの活躍も期待しております

急に予算縮小されたりしないよう陰でバックアップしてあげてください、教授

お疲れ様でした!

コロナ関連では滅茶苦茶だったは

天才。この人に税金の0.01%位流れて欲しいわ

事務業務などもったいない。研究に専念して下さい。

 アンケート投票 & 結果確認


▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください▼