ひるおび!で野党紛糾…「共産党は日米安保基軸でいいんですか?」→「当面課題については力合わせてやっていく」→「選挙目当ての談合」→「違います!」

「ひるおび」野党が大紛糾 維新・松井氏が立民&共産に「談合」爆弾 制止不能の大げんか

▼記事によると…

・5日のTBS「ひるおび!」に野党4幹部が出演した。立憲民主・福山哲郎幹事長、共産党・小池晃書記局長、日本維新・松井一郎代表、国民民主・玉木雄一郎代表が出演した。

・各党、岸田文雄政権が誕生し、衆院を14日に解散しての総選挙前倒しを批判

・野党の候補者1本化がテーマになると、松井氏は「共産党さんは日米同盟破棄ですよ。自衛隊は違憲。立憲民主党はよく覚悟したな」と批判した。

これに福山氏が、「閣外からの限定的な政策の実現に対しての協力という形。政権の中に入っていただくわけでない」と反論し、小池氏は「独自政策は持っているが、共闘の中に政権の中に持ち込むことはしない」とし、「何も文句言われる筋合いはない」と返した。

その後は、互いの発言にピクつきながら、リモート画面を通しての直接バトルとなり、「共産党は日米安保基軸でいいんですか?」「当面課題については力合わせてやっていく」「選挙目当ての談合」「違います」と応酬が始まり、紛糾。

司会の恵俊彰が「ここで!」「ちょっと、すみません…」と制止するも、ヒートアップが止まらない状況となった。

10/5(火) 15:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/b463ccf65c9f337cbd3ed804d13eb91697de4137

松井一郎


松井 一郎は、日本の政治家。大阪市長、日本維新の会代表。 大阪府知事、大阪維新の会幹事長、同代表、日本維新の会幹事長、維新の党幹事長、同顧問、大阪府議会議員などを歴任した。住之江競艇場の照明・電気設備関係の工事・補修を一手に請け負う株式会社大通の元代表取締役。父は大阪府議会議長を務めた松井良夫
生年月日: 1964年1月31日 (年齢 57歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

松井さん素晴らしいな。こういう野党を野党が批判する感じなら維新がんばれだ。

閣外から限定的な協力って…どういう事?申し訳ないけどプロの選挙屋集団としか思えませんよ、もし仮に政権変わっても絶対に空中分解するのが見え見えです

それで支持率があがって、さらに政権取れるかもって発想が理解不能だわ。立憲の体たらくが日本の最大の悲劇って自覚した方がいいんじゃないの?国民が求めている真逆にいってどうすんの

本来はマスコミがこういった矛盾を批判、追及しなければいけない。

松井代表、さほど好きじゃないけど、今回の言い分は正しい。本質(痛いところ)を突かれたから、立憲民主と共産は大慌てし腹を立てた。

閣外とはいえ共産と立民が協力することに違和感がある。

こういう当事者同士の論争は、地上波でもどんどん放送していただきたい。余計な司会者を入れないのと、たっぷり時間をとって。最後は選挙で国民が判断する。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。