「安全配慮怠った」同志社大生(19)の一気飲み死亡で母親が大学を提訴

同志社大生の一気飲み死亡で提訴 「安全配慮怠った」と母親

▼記事によると…

・同志社大(京都市)のダンスサークルの合宿で2016年、一気飲みをした大学1年の山口怜伊さん=当時(19)=が死亡したのは、大学側が安全配慮義務を怠ったからだとして、山口さんの母親が大学に1千万円の損害賠償を求め、京都地裁に提訴したことが25日、分かった。4月27日付。

・母親は参加した学生の一部と大学に対し、計約9千万円の支払いを求めて京都簡裁に調停を申し立てており、学生とは近く調停が成立する見込みという。

2021年5月25日 18時11分
https://news.livedoor.com/article/detail/20254035/

同志社大学


同志社大学は、京都府京都市上京区今出川通烏丸東入玄武町601番地に本部を置く日本の私立大学である。1920年に設置された。
所在地: 〒602-8580 京都府京都市上京区
電話: 075-251-3120
創設者: 新島襄
設立: 1875年, 日本
同志社大学 - Wikipedia

ネット上のコメント

これは大学の構内で酒盛りしてたならともかく、訴えるなら一緒に参加していた皆さんにでしょう

一気飲みって分かってはいても周りの雰囲気に流されてしてしまう時ってあるから…こういう事故が続かないようになるといいのだけれど

未成年なのにねぇ…

学校わるく無くない?本人とその周り

部活でもないサークルなら尚更関係ない

未成年で察しました

サークルの場にいた奴らを訴えるならまだしも大学かよ

アンケート投票 & 結果確認

話題の記事を毎日更新


1日1クリックの応援をお願いします!

新着情報をお届けします