首相施政方針、領海侵入の「尖閣」触れず…

首相施政方針、「尖閣」触れずに「課題解決へ連携」

▼記事によると…

・菅義偉(すが・よしひで)首相は18日の施政方針演説で、「多国間主義」を掲げ、バイデン米次期大統領との関係構築などに意欲を示した。元慰安婦訴訟をめぐる国際法違反などを踏まえ韓国に厳しい姿勢を見せたが、中国に対しては尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海侵入や香港などでの人権抑圧を繰り返していることへの具体的な言及はなかった。

・日中関係については「さまざまな懸案が存在する」とした。尖閣諸島への日常的な接近などが念頭にあるとみられるが、個別の事案には触れずに「主張すべきは主張し、具体的な行動を強く求めていく」と強調した。同時に「共通の諸課題の解決に向けて連携していく」とも述べた。

2021.1.18 20:26
https://www.sankei.com/politics/news/210118/plt2101180035-n1.html
>>『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連記事

twitterの反応

ネット上のコメント

やっぱり二階の傀儡だな(´・-・`)

自ら短命内閣を表明したようなものだ

終わった。

チャイナに配慮なんてしても無駄。

菅首相って分かりやすいですよね。やる気のある、なしがハッキリしてます。

カジノの時から怪しかったが本性出てきたか

ここで中国を恫喝する演説が欲しかった。

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認