みのもんたさんがパーキンソン病を患っていることを明かす… 「終活」に向けて動いている

みのもんたが語る「終活」 パーキンソン病との戦いとレギュラー番組終了

▼記事によると…

・タレント・みのもんた(76)が11月23日、「週刊文春」の取材に応じ、パーキンソン病を患っていることや、番組終了、社長業の引退など、“終活”に向けて動いていることを明かした。

全盛期には、レギュラー番組16本、推定年収6億円を誇ったみのだったが、今年3月末に12年半続いた「秘密のケンミンSHOW」(読売テレビ系)の司会を降板し、レギュラー番組は現在、関西ローカルの「朝からみのもんた」(読売テレビ系・日曜朝6時半~7時)のみ。「秘密のケンミンSHOW」降板の理由を、みのが明かす。

「実は僕は、糖尿病が持病なんですよ。ところがそこへもってきて去年の暮れ、パーキンソン病を発症してしまってね」

――それは公表されてない?

「誰も聞かないから。『秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ系)でアップに映った時、目がうつろになっていた。それで調べたらパーキンソンとわかりました。それで僕、『ケンミンSHOW』をやめたんです。

(略)

11/25(水) 16:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/aee5aa4e2228a7a445b68700424d370b67016ad3

みのもんた


みの もんたは、日本のフリーアナウンサーで、司会者、ニュースキャスター、タレント、実業家である。本名は 御法川 法男。愛称は、みのさん、みのちゃん、など。東京都世田谷区祖師谷出身。現在は神奈川県鎌倉市鎌倉山にある旧・山椒洞に在住。
生年月日: 1944年8月22日 (年齢 76歳)
出生地: 東京都 世田谷区
配偶者: 御法川 靖子 (1970年 - 2012年)
著名な家族: 父・御法川正男(2005年没)
子女: 御法川 雄斗、 御法川 なみ、 御法川 隼斗
みのもんた - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

祖母がパーキンソン病でした。頭がしっかりしてる分、だんだん体が動かなくなり出来ないことが増えていくのを辛く感じているようでした。それを見てる周りの介護してる人も辛い。みのさんには、ソーシャルサービスを上手く利用して、みのさん自身や周りの方の心の負担を少しでも減らして欲しいなぁと思います。

祖母がパーキンソン病でした。頭がしっかりしてる分、だんだん体が動かなくなり出来ないことが増えていくのを辛く感じているようでした。それを見てる周りの介護してる人も辛い。みのさんには、ソーシャルサービスを上手く利用して、みのさん自身や周りの方の心の負担を少しでも減らして欲しいなぁと思います。

長生きしてください。

人は。例外なく。99%が何かしらの病気で一生を終える。76歳これが運命。時代の流れ。自分もいつかは。。。痛い病気にだけは、なりたくないな。

みのさん、これまで数多くの番組で頑張ってきたと思います。クイズ、ミリオネアは印象的に残ってる。持病、パーキンソン病を患い大変だと思います。ご自身をいたわってあげて、無理はなさらないで欲しい。

プロ野球珍プレー好プレーのナレーションはこの人以外考えられません。

さみしいですな。ご自愛ください。珍プレー好プレーのナレーションはみのさんしかないでしょ!宇野のとか最高!www

\FBページが新しくなりました/

1日1クリックのご支援をお願いします!
↓↓↓

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認