沖縄・デニー知事、“安保3文書”議論が尽くされていないと批判「国民の声を聞くことに徹するべきだ」

沖縄・デニー知事「非常に残念だ」 安保3文書、議論が尽くされていないと批判

記事によると…

・沖縄県の玉城デニー知事は19日午前、南西諸島の自衛隊増強などを盛り込んだ新たな安全保障関連3文書が閣議決定されたことに関し、議論が尽くされていないとして「非常に残念だ」と述べた。

公共インフラの整備や、防衛費の増額など県民生活への影響に懸念の声があることに「だからこそもっと、しっかりと国民の声を聞くことに徹するべきだ」と指摘した。

12/19(月) 9:57
https://news.yahoo.co.jp/articles/222bf529bdbd36d6c91356091de5438de8db417e

玉城デニー


玉城 デニーは、日本の政治家、元タレント。沖縄県知事。本名は玉城 康裕。 衆議院議員、自由党幹事長兼国会対策委員長、沖縄市議会議員などを歴任した。なお、知事業務上、法的効果を伴う行政文書には本名を使用している。
生年月日: 1959年10月13日 (年齢 62歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

国民の声を聴いた結果だと思うが。

県知事が国防や国民の声を語るな!県民の声を聞け!

とりあえず反対しとけば票になる楽なお仕事

沖縄県民の為にまじめに働け😡‼️

知事は辺野古移設について国民の声を聴くことに徹しその結果に従ってください

国民の声を聞け」だ?こっちのセリフだよデニーちゃん🤪

お前が聞けよ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認