自賠責の運用益6000億円を借入れ一般財源に…「申し訳ないと思う」鈴木財務相 来年度から「賦課金」さらに国民負担へ

自賠責の運用益6000億円を借入「申し訳ないと思う」鈴木財務相 来年度から「賦課金」さらに国民負担へ

記事によると…

・鈴木俊一財務相は2022年11月11日の閣議後会見で、自動車安全特別会計から一般財源に借り入れ(繰り入れ)た自賠責保険(自動車損害賠償保険)の保険料運用益5952億円(2022年度末当初予算見込み)の返済について、次のように話しました。

「一般会計から自動車安全特別会計への繰り戻しは、今の財政事情を考えると1回でお返しするのは無理な状況。これは申し訳ないと思っているが、そういう中で着実に確実に繰り戻し、誠意をもってお返ししていくことが大切だと思っている」

 自動車ユーザーは自賠責保険への加入が義務付けられています。この保険運用益を使って、事故の加害者が支払う保険金とは別に、交通事故被害者救済対策のための費用が特別に確保されています。これが自動車安全特別会計と呼ばれる財源です。

 財務省は税収が不足した1994(平成6)年と1995年の2年間に、1兆1200億円をこの特別会計から借り入れ、今もその返済を続けています。返済は一時滞っていましたが、2018年から再開されました。ただ、再開後も借入額に対して返済額は少なく、10年後には自動車安全特会の財源が底をついてしまう可能性がありました。

 そこで国土交通省は賦課金制度を新設し、自動車ユーザーの保険料に上乗せして確保することが、2022年の法律改正で成立しています。

(略)

11/16(水) 9:22
https://news.yahoo.co.jp/articles/cabee7ac213a4f433985d91d6840df6aca472c59

関連ツイート

鈴木俊一


鈴木 俊一は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、財務大臣、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位。
生年月日: 1953年4月13日 (年齢 69歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ハァ?💢コイツら高給取りの尻拭いを庶民の私たちがさせられるよう法律改正されてるってどういう事だよ💢

ふっ、これで更に車やバイクを購入する人、乗る人が少なくなるな(´ー`)今の官僚って国民のことを考えない、無能しかいないのか?

自分たちが苦しくなったら国民に責任ふっかければええんじゃっていう教育が徹底しているようで…

はっ?自賠責に賦課金って……車所有者が負担すんの?いつのまにか法案通ってるし……大概にせいよ自民党公明党とその支持者。

申し訳ないの一言で、6000億借用して返せなくてなおかつ国民の負担増やしても許されるんや。ふーん。ほんま嫌になるな😕

なんでこっちに負担させんのよ。趣味で車乗ってるわけじゃないよ。田舎では生活必需品よ? 車維持できなくなったら死活問題よ?

こんな有様で車離れとか笑える 庶民感覚からこんだけかけ離れてると言葉もない!



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認