【脱中国依存】ダイキンが国内回帰を検討 有事に中国製部品がなくてもエアコン生産できる体制の構築を目指す

ダイキン 国内回帰を検討 円安、脱中国依存で

記事によると…

・ダイキン工業の十河政則社長は8日、円安を受けて海外で生産して日本国内に輸入しているエアコンなどについて「国内回帰を検討している」と明らかにした。すでに一部の部品は国内調達に切り替えており、今後、関東地方への工場新設なども含めてさまざまな可能性を検討する。

ダイキンは中国のロックダウンや米中摩擦などのリスクを受け、すでに脱中国依存の方針を示している。有事に中国製部品がなくてもエアコンを生産できる体制の構築を目指し、一部の部品生産を国内回帰させたり、取引企業に中国以外からも部品を調達するよう依頼したりしている。

2022/11/8 21:25
https://www.sankei.com/article/20221108-HQGBEMLD25JMJB7SLBXRO5FP6E/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

十河政則


十河 政則は日本の実業家。ダイキン工業株式会社代表取締役社長兼CEO、関西経済連合会副会長。北海道中川郡池田町出身。
生年月日: 1949年1月11日 (年齢 73歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

これからはダイキンを買わせていただきますね👍

ごもっとも‼️村田は大丈夫か😭

最善の方針です

流石ダイキン!頑張って下さい!

すばらしい。

新工場で雇って欲しいくらいだよ!頑張ってください!

元々硬派なイメージのダイキンは好きです。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認