【文書発見】明智光秀が織田信長を倒した直後、明智軍が船戦

本能寺の変直後の明智、織田両軍の船戦文書 滋賀の石山寺で見つかる

▼記事によると…

・NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公、戦国武将・明智光秀が本能寺の変(1582年)で織田信長を倒した直後、光秀の重臣、明智秀満(左馬助)が船で瀬田川を渡ろうとし、瀬田城主・山岡景隆と戦になったと記された文書が、石山寺(大津市石山寺1)で見つかった。

明智軍が船戦をしたとされる文書の発見は初めて。県文化財保護課は「ほとんど分かっていない光秀、秀満の足跡に関する貴重な資料」としている。

2020年7月4日 10時36分
https://news.livedoor.com/article/detail/18519389/

本能寺の変


本能寺の変とは天正10年6月2日早朝、京都本能寺に滞在中の織田信長を家臣・明智光秀が謀反を起こして襲撃した事件である。 信長は寝込みを襲われ、包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害して果てた。信長の嫡男で織田家当主信忠は、宿泊していた妙覚寺から二条御新造に移って抗戦したが、まもなく火を放って自刃した。
日付:1582年6月21日
本能寺の変 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

すげぇ

整理してたら見つかったとか、寺にあるもの把握してなかったのか!?

瀬田城の戦いはドラマや小説で出てくるけど 船戦したとは初耳じゃ

明智光秀が倒した。って言うところから 謎のままにしてほしかったなぁ〜と思ってしまう

黒幕は誰なのかはわからないままなのか…

大河どうする⁈

エクスプロージョンもびっくりやな

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認