【GoTo】宮城知事「成功だったと思う」「キャンペーンがなければもっと悲惨な状況になってた」

GoToトラベル、宮城知事「成功だった」 ホテルへの波及効果指摘

▼記事によると…

・新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受ける観光業界への支援策「Go Toトラベル」キャンペーンについて、宮城県の村井嘉浩知事は24日の定例記者会見で、「やって良かった。成功だったと思う」と述べた。

村井知事は、お盆期間に首都圏から訪れる人は少なかったが、県民や東北の宿泊客が客室をある程度埋めたとして、県内のホテルへの波及効果は「相当あった」と話した。

岩手県の達増拓也知事が「7月中に始めたのは早すぎた。失敗と言っていい」と批判したことに対しては「それも一つの考えだが、少なくとも宮城はキャンペーンがなければもっと悲惨な状況になっていた」と答えた。

2020年8月25日 08時20分
https://mainichi.jp/articles/20200825/k00/00m/040/013000c
>>『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

村井嘉浩


村井 嘉浩は、日本の政治家。宮城県知事。復興庁復興推進委員会委員。過去に、宮城県議会議員、東日本大震災復興構想会議委員などを歴任。元陸上自衛官。
生年月日:1960年8月20日 (年齢 60歳)
村井嘉浩 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

今度、宮城に行きます

これは知事として当然の反応だよなぁ。

現状を踏まえての発言でしょう。今は政治家としての発言よりも首長としての発言が重要だと思います。

というより、何かしないと、観光業界は死んでしまいます。

岩手県知事の「失敗と言っていい」に対する「それも一つの考えだが」という、違う視点も認める姿勢。これをもっと取り上げてほしい。

感染拡大もせず、実際助かったんだからいいじゃない。批判する人達は何が気に入らないんだろう。

知事よって考えも違うし地域によってやるやらないを選べたら良かったと思う。

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします