NHK視聴不可の『チューナーレステレビ』が大人気!各社が新機種続々発表で市場拡大へ

チューナーレステレビ、想定以上に売れてます テレビ受信機能なし、NHK受信料もなし

記事によると…

・チューナーレステレビの新発売が相次ぎ、各社いずれも売れ行きは好調だ。ゲオホールディングスは7月22日から全国579店舗のゲオストアで4K対応のチューナーレステレビ43V型(3万2780円)、50V型(3万8280円)を発売し、同31日までの10日間で計1000台以上を販売した。同社では2機種で6000台の販売を見込んでいるが出足は好調だ。

チューナーレステレビは米グーグルの基本ソフト(OS)を標準搭載し、「チューナーレススマートテレビ」とも呼ばれる。ネット動画の視聴に必要な接続端末(ファイヤースティックTVなど)を別に購入する必要がない。同型テレビと比較すると接続端末費を含め、1万円ほど低価格なイメージ。「テレビを見ない、という人も多く、世の中の流れが変わりつつあると思う。チューナーレステレビにすると価格が抑えられることもポイント」(ゲオ・リテール商品1課家電バイヤー松岡良房氏)。

家電メーカーのドウシシャは6月下旬に24~40型のチューナーレステレビ3機種を販売し、7月下旬には50型を投入した。「まだ集計されていませんが、想定以上の売れ行き」(同社広報)。また家電量販店のエディオンも6月中旬に43型チューナーレステレビを限定50台、ネット販売して完売している。

受信機がなく、NHKは視聴できないため、放送法第64条で定められたNHKの受信料は必要ない。また民放の配信アプリ「TVer(ティーバー)」を経由すれば、民放番組の視聴も可能だ。

ネットの動画配信の視聴者は増加中だ。ICT総研が昨年8月に発表した「2021年有料動画配信サービス利用動向に関する調査」によると23年には定額制サービスの利用者は3710万人に達すると予測している。

・チューナーレステレビの発売で先行したのが大手ディスカウント店「ドン・キホーテ」だ。昨年12月に24型(2万1780円、税込み)と42型(3万2780円、同)の2種類を計6000台発売し、約1カ月で完売した。今年2月、6月と追加販売し、2月分は完売している。「テレビのようでテレビじゃない!!」のうたい文句で注目を集めた同社では「想定していた以上のニーズがあることが分かった。さらに大きなサイズを含めた新商品を近々に発表する」としている。

8/9(火) 7:33
https://news.yahoo.co.jp/articles/e72f9cb9727f710ba364307c77222786ea32c33b

テレビ


テレビは、電気通信により、映像を遠方へと送り、テレビ受信機で再生する技術である。テレビジョンの略語であり、TVと表記することもある。主に放送や遠隔監視などに利用されている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

アマプラで何か見てる方が多いしな🤭これ買おうかな✨

ドンキのチューナーレスは中身が…って動画を過去見ていたので各社がよりいいスペックの物を出すのを期待してる。

ウチの両親もほぼFire TVでドラマか映画しか見てない 地上波にするのは飯時だけ 見てるのはほとんど韓国ドラマなんでちょっと色々思う所はあるけどこの際何も言うまい

アマゾンプライムビデオやNetflixの料金の支払いはどう支払うの?。と母が言うので

GEOのチューナーレスtvも良かったです😃

ドンキホーテもドンキホーテでウイグル綿とか堂々とやってたしそっから買う気にはならないな そもそもテレビ自体見ないけど……

止めてみて初めて分かるテレビの不要さ🕶👽🍒



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを