技能実習制度「目的と実態が乖離」 本格見直しを検討へ

技能実習制度「目的と実態が乖離」 本格見直しを検討へ 法相

記事によると…

・開発途上国への技術移転を目的とした「外国人技能実習制度」について、古川禎久法相は29日の閣議後会見で、本格的な見直しに向けた考え方を示した。

実習生が日本の人手不足を補う労働力になっている実態を踏まえ、「目的と実態に乖離(かいり)がない仕組み」づくりなどを打ち出した。

7/29(金) 11:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/87f2596c018b93280f24eba23ca8afee70b59aa3
『朝日新聞』のご購読お申し込みはこちら

古川禎久


古川 禎久は、日本の政治家、建設官僚。自由民主党所属の衆議院議員、法務大臣。 財務副大臣、環境大臣政務官、法務大臣政務官を歴任。
生年月日: 1965年8月3日 (年齢 56歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

やっとかよ・・・

そして不法滞在者をどうにかしろ。 的に匿われて犯罪してるだろう。 むしろそんな状況じゃまともに働けるわけないから当然犯罪するわな。

今さら感が否めません。

そもそも技能実習生って名前だけで、実際はただの出稼ぎでしょ?

どんなふうに見直すのかな

検討するだけ(笑)

やっと? 遅いって



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを