精神科医「『死にたいんじゃなくて◯◯◯です』と訴える患者さんは多い」

(@sidow_mendoc)さんのツイート

死にたいんじゃなくて生きていたくないんです

と訴える患者さんは多い。

その絶妙なニュアンスの違いを理解するのが精神科医として大切だと感じる。

精神科医


精神科医とは、精神医学を専門とする医師であり、精神障害・依存症の治療を専門的に診察する医師免許を持つ。 精神科医の業務には、精神疾患の診療、精神疾患の予防、精神衛生の普及がある。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

そういう医師に診てもらいたいです…。単に薬を処方するだけではなくて…。薬だけで治るなら、苦労しません…。

「死にたい」んじゃなくて、「消えたい」んですよね、そういうときって。

このニュアンスの差は大きい

これはなんか理解できるしちょっと意味論的にも面白いかも

この感性がすべての医師に欲しい

すげーわかる・・・そうだよ。積極的に死にたいんじゃない。もう今に、現実に、これからの不安に耐えられないだけなんですよ・・・

これ、、なんだよなぁ、、。先生に伝えると分かってくれるんだけど家族に伝えても分かってくれない



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを