韓国首相、日本との歴史問題について「対話が至急必要だ。両国の指導者は未来の世代のため努力しないといけない」

韓国首相、日本との歴史問題について「対話が至急必要」

記事によると…

・韓国の金富謙首相が22日、外国メディアと記者会見し、日本との歴史問題について「対話が至急必要だ。両国の指導者は未来の世代のため努力しないといけない」と訴えた。韓国では3月に大統領選が行われ、5月には新政権が発足する。金氏は「現政権で解決できなくても次政権での解決を期待したい」と述べた。

・金氏は、北京冬季五輪のスピードスケートで、元韓国代表の李相花さんが韓国のテレビ局の解説者として、元ライバルの小平奈緒さんを応援したことを挙げ「韓日の次世代は本当の友人になれる。政治家が両国民の距離を広げてはいけない」と語った。

2022/02/22 19:55
https://www.sanspo.com/article/20220222-R2SF5G3JTBKDFCH3QG3SPPLCHY/

金富謙


金 富謙は、韓国の政治家。現在、同国国務総理。行政安全部長官などを歴任した。
生年月日: 1958年1月21日 (年齢 64歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

未来を語る前に竹島の日に竹島を返してみろ♪少しだけ見直すよ

相当追い詰められてるね🤣

お掛けになった電話は現在使われておりません。

要らん要らん。無駄無駄無駄。

断末魔の叫び?!😅

金欲しいだけやろ。!

その前に、返すもの 沢山あるやろ?😓



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認