朴一・大阪市大教授 日韓関係、向き合う勇気を 経済と安全保障、戦略的互恵関係築け

朴一・大阪市大教授が最終講義 日韓関係、向き合う勇気を 経済と安全保障、戦略的互恵関係築け

記事によると…

・在日コリアンに関する論考や著作を数多く著し、テレビの討論番組でもおなじみの朴一(パクイル)・大阪市立大大学院経済学研究科教授(65)が今年度末で定年を迎えることになり、1月26日、大阪市住吉区の同大で最終講義が行われた。

演題は「米中新冷戦下の日韓関係の現状と課題」。

講義の前半では差別と格闘してきた在日としての半生を語り、日韓関係の安定化のためには「歴史問題で歩み寄りがなければできない。向き合う勇気がいる。そのためには歴史問題と経済・安全保障問題を分けて考える戦略的互恵関係の構築が必要だ」と訴えた。

2022/2/12(有料記事)
https://mainichi.jp/articles/20220212/ddf/012/100/001000c
『毎日新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連ツイート

朴一


朴 一は、在日韓国人3世の経済学者。 大阪市立大学大学院経済学研究科教授。在日コリアンや日韓・日朝関係に関する多数の著書がある。ラジオ番組を中心に、テレビ番組にも多数出演している。
生年月日: 1956年 (年齢 66歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

おはようございます。この方の講義など受けたいと思うのが?

棚上げも何もイチャモンですから。問題とかじゃなく。

どこまでも厚かましい💢

「そこまで言って委員会」では、最初に韓国側の主張するけど、結局日本の論客に負けるイメージ。日本は強気で主張すべきだと教えてくれた人の1人なので、ある意味感謝しなければいけない。

避韓3原則(①行かない②買わない③助けない)の重要性を、再確認しました!

向き合うのに勇気がいるんだ 笑 それだけ危険な相手って事ですね。

まだこの方テレビに出ているんですか・・・。中途半端に日本寄りだったり韓国寄りだったりで、僕は好きじゃ無かっですね・・・。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認