【防衛強化】河野大臣「どうして韓国の了解が必要なのか」→ 韓国国防部「論評の価値なし」

韓国国防部、河野氏「どうして韓国の了解が必要なのか」発言に「論評の価値なし」

▼記事によると…

・河野太郎防衛相が韓国など周辺国の了解なく敵基地攻撃能力を導入すると発言したことに対し、韓国国防部は「論評する価値がない」と対応した。

国防部は5日、河野氏の発言に対して「論評する価値がない」としながら「韓半島(朝鮮半島)有事の際の対応は韓米同盟が中心となって行われるべきだというのが韓国政府の一貫した立場」と明らかにした。

2020.08.06 10:05
https://japanese.joins.com/JArticle/268908

河野太郎 プロフィール


河野 太郎は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、防衛大臣。 外務大臣、国家公安委員会委員長、内閣府特命担当大臣、自由民主党行政改革推進本部長、自由民主党幹事長代理、法務副大臣、総務大臣政務官 、衆議院決算行政監視委員長・外務委員長等を歴任した。
生年月日:1963年1月10日 (年齢 57歳)
河野太郎 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

言いたくはないがやはり憲法改正が必要だな。

河野は時期首相候補として能力を見せつけたな。

世界のどこに防衛していいでしょうかと相手に尋ねる国があろうか。

今回の韓国国防部の発言は珍しくまともです。

「他国のことなので、我が国としてはコメントを差し控える」ぐらいで流せば良いものを「論評の価値無し」とはね。

記者の質問に答えただけじゃん。日本が何をやろうがよそを気にする必要ないってだけの話です。

結局、次の総理は河野太郎一択となった

アンケート投票 & 結果確認

FBページが新しくなりました

フォローをお願いします

新着情報をお届けします