古市憲寿氏、高騰ガソリンへの補助金方針に“違和感”「ガソリン車は減らしていく方向なのに」

古市憲寿氏 高騰ガソリンへの補助金方針に「違和感がある。ガソリン車は減らしていく方向なのに」

・社会学者の古市憲寿氏(36)が18日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」に出演。経済産業省がガソリン価格高騰対策として、価格が一定水準を超えた場合に石油元売り業者へ資金支援する方針を表明したことに言及した。

・古市氏
「違和感があるのは、将来的にはカーボンニュートラル、ガソリン車をなくしていこうということを言ってるわけじゃないですか。にもかかわらず短期的とはいえ、そこに補助金を出してもいいのかっていう…。結局、ガソリン車って減らしていく方向にしなければいけないのだから、これに関しての補助金にすごい違和感がありますね」

全文を読む
11/18(木) 11:11

古市憲寿


古市 憲寿は、社会学者、作家。東京都出身。
生年月日: 1985年1月14日 (年齢 36歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

視野が狭い

その発想はレジ袋有料化と同じ 罰を以って政策を実行するのは間違ってる

やっぱり変わった人ですね。 違和感の感じ方が違う

キミはバ◯かね。

そっちの違和感 ガソリンが高いからってガソリン車は減らんだろ

あなたがコメンテーターやってることにすげえ違和感

順番ってもんがあるだろ

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。