米の薬物中毒死、初めて年間10万人超える… コロナ禍で悪化

米の薬物中毒死、初めて年間10万人超える コロナ禍で悪化

・米政府は17日、国内の薬物過剰摂取による年間死者数が、新型コロナウイルス流行中に初めて10万人を超えたと発表した。

死者増加の主な要因はオピオイド系鎮痛剤のフェンタニルで、ネット上での偽造医薬品のまん延も事態を悪化させている。

・専門家は、コロナ禍により物質使用障害のある人々が日々の生活を阻害されたことで大きな影響を受けたと指摘している。また、メキシコから米国に持ち込まれた偽造薬の押収量は記録的な水準に達しており、中には服用により死に至るものもある。

全文を読む
11/18(木) 7:37

フェンタニル


フェンタニル とは、主に麻酔や鎮痛、疼痛緩和の目的で利用される合成オピオイドである。1996年のWHO方式がん疼痛治療法の3段階中の3段階目で用いられる強オピオイドである。麻薬及び向精神薬取締法における麻薬に指定されている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

小学生っていつ米をアメリカって習うんだろう。。。ライス政府って昔は思ってたなぁ

フィラデルフィアのケンジントン通りで検索をかけると薬物中毒者がゾンビの様に歩く姿が見れる。これを見たら麻薬を使おうなんて気にはならないんだけど。アメリカの光と影は日本の比じゃないなと思わされる。

昔から一般人でも薬物(麻薬)に手を出す人が多かったし、一時はそれが文化にまで昇華した国だから、今も薬物に対する罪悪感は日本人と比較してかなり低い。ドラッグというくらいだから、アメリカ人にしてみればよく効くサプリメントを飲むくらいの感覚でしょう。

もとを辿れば、医師が痛み止めとしてオピオイド系鎮痛剤を処方し過ぎた結果、患者が依存者になってしまったケースが多いのです。

薬物中毒=麻薬中毒のイメージがあるけど実際は中毒者・死者ともに合法の薬の方が遥かに多い。

コロナ禍でのさまざまなストレスと戦わねばならない背景もあるのだろうが、致死量スレスレの配合された薬物が製造される目的は販売拡大だけなんだろうか。

ドラッグの死者が、うちの国のコロナ死者数をたった一年で10倍超えなら、正直、コロナどころの騒ぎじゃなくて、米国はドラッグ対策をどうにかした方がイイのでは?(´・ω・`)

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。