立憲代表選出馬の逢坂議員「今の日本は不安に満ち溢れています。仕事の不安、老後の不安、教育の不安、何と言って良いかわからない不安!」

ピーチ太郎2ndさんのツイート

【うわぁ…😩】

逢坂誠二
私、逢坂誠二は立憲民主党の代表選挙に出馬する決意を致しました。今の日本は本当に多くの【不安】に満ち溢れています。仕事の【不安】老後の【不安】教育の【不安】何と言って良いかわからない【不安】に満ち満ちている日本

『不安を煽る』

それが立民の生存戦略

逢坂誠二


逢坂 誠二は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員。姓の漢字は正確には部首が⻍ではなく⻌。立憲民主党北海道連代表、2代目立憲民主党代表候補者。党内グループのサンクチュアリと国のかたち研究会所属。 北海道ニセコ町長、総務大臣政務官、内閣総理大臣補佐官、旧立憲民主党政務調査会長等を歴任した。
生年月日: 1959年4月24日 (年齢 62歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

立憲民主党がなくなると、不安が解消されるってことね。

政治家が不安をつくってどうするんだと思っていたが、これが生存戦略だったとは。

政権交代した時の不安の方が半端なかったわ(*`・ω・)ゞ

「不安を見つけるのなら任せて下さい!解決方法?必要になったら考えます!」

立民の存在の方が不安なんだけどな。

立憲共産党が政権取った時の不安もその多くの不安のうちの一つ 最もそれは不安というより恐怖かも

いつまでも立民支持者も騙されませんよ。

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。