【文通費】立憲・福山氏「“ある意味”見過ごしていた部分があった」

Mi2さんのツイート

【見過ごしていた…】

国会議員に毎月100万円支払われる『文書通信交通滞在費』について立憲民主党は、日割りで支給する仕組みに改めるべきとして、臨時国会に必要な法案を提出する方針。

福山哲郎幹事長
文書通信交通滞在費については立法府として、ある意味見過ごしていた部分があった

福山哲郎


福山 哲郎は、日本の政治家。立憲民主党所属の参議院議員、立憲民主党幹事長、同党京都府連合代表、学校法人瓜生山学園京都芸術大学教授、学校法人龍谷大学理事、学校法人瓜生山学園理事。
生年月日: 1962年1月19日 (年齢 59歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ある意味って何なんやろ? 詳しく聞かせてほしいわw

フツーに貰ってたんだろ。

実費精算の賛否はまあ目を瞑るとして、月100万が適正さも見直して欲しいところ。コロナ禍に銀座のママの所に行った費用もここからか(笑)

維新がずっと言ってたのに見過ごしていたとは一体・・。

領収書提出義務化とか色々意見があるけど立憲共産は「日割り支給のみ」で逃げるのね。

審議拒否の無断欠勤も日割りで。

反対してましたよね民主党

 アンケート投票 & 結果確認


Twitterでシェアニュースジャパンを

 ▼コメント欄が表示されない場合は、リロードしてください。